フローリングに置き畳

畳=和室 っていうのが一般的ではありますが、和室以外での畳の利用が最近増えています。 フローリングの部屋の一部を畳にするのです。 部屋の角を畳コーナーにしたり、真ん中に置き畳を配置したり。

 

畳の形や大きさも様々で、一般的な江戸間(176cm×88cm)の畳を1枚だけっていうのも良いですし2-3枚敷いたり、半畳サイズの畳を4-6枚敷いたり、お部屋に合わせたアレンジができます。

 

畳とフローリングの組み合わせ

フローリングの上にそのまま置いても良いですし、木枠をつけるともっと素敵な具合になります。

畳を置く場所を一段上げて、「小上がり」にするというのも良いですよ。 小上がりの下は収納にして、それから真ん中を掘りごたつにしたり。 和モダンなテイストの空間に仕上がります。