国産イ草の畳表

私たちが作るのは「畳床」。「畳床」「畳表」が合わさることにより『 畳 』に仕上がります。ですので、ここで簡単ですが畳表のご紹介をしたいと思います。和紙や樹脂の畳表もありますが、ここでは自然素材であるイ草の畳表のご紹介です。現在畳表の殆どは中国産イ草を使っているもので、国産イ草の畳表は貴重な畳表です。一枚一枚丁寧に仕上げられた「国産イ草の畳表」を是非、「ひのきの畳床」と組み合わせてみて下さい。

イ草の品質

一枚の畳表には、イ草が4000本から7000本も使われていて、イ草の茎に変色や傷などがなく、一本一本の太さや色が揃っているものが高品質なイ草です。そして、そのようなイ草の根元と先端を除いた中央の部分を多く使用した畳表は、上質と言えます。一般的には丈の長いイ草を使い、使うイ草の本数が多いほど、美しく弾力性のある素晴らしい畳表になります。

上質の畳表

また、製品トレーサビリティを目的としたタグのついた畳表もあり、丁寧に織り上げられた畳表のイ草生産情報などが確認できます。

畳表の生産者情報タグ

イ草は田んぼで栽培される農業産物。主要産地である熊本県を筆頭に、備後表で有名な広島県の他、岡山県、石川県、福岡県、佐賀県、ビーグと呼ばれるイ草の産地の沖縄県などがあります。熊本県の産地では8月に苗床に植えつけられて、12月上旬に本田への植え付けを行い、翌年6月下旬から7月初旬に収穫を行います。その後泥染め等工程を経て、畳表に仕上がります。

苗堀り

8月に苗床で育てられた苗を株分けして、本田に植えつけます。

植え付け

植え付けは11月下旬から12月下旬まで作業が行われます。

先刈り

5月下旬ごろイ草の先端を切り払い、新芽の発芽を良くします。

収穫

6月下旬から7月中旬にかけ、成長したイ草の刈取りをします。

泥染め

色や香り、光沢を出すために、天然染土を使って泥染めします。

製織

イ草を長さごとに選別し一枚一枚時間をかけて畳表に織ります。

仕上げ

織上げた畳表の傷などを一枚毎丹念にチェックして仕上げます。

出荷

製品に対する責任表示を明確にするため生産者番号を付けます。