アンサンブルの畳床を安心して使って頂けるよう、各試験を実施しています。「足心地の良さ」に関しては2試験、「耐久性能」に関しては3試験、「心地よさ」に関しては2試験実施しました。

 
【足心地の良さに関する試験】
●柔らかさの比較試験
ひのき畳床と建材畳床の比較試験。ひのきの畳床の方が柔らかいとの結果でした。
●圧力分布測定
足裏にかかる体重が適度に分散されていることが確認できました。(硬いと圧力/体重が集中される)

 

【耐久性等に関する試験】
●繰返し荷重試験
わら畳床との比較検証の結果、試験開始時の弾力性は、わら畳床とひのき畳床はほぼ同等の弾力性(柔らかさ)でしたが、10万回繰返し荷重後では、ひのきの畳床の方がわら畳床に比べ弾力性が維持されているとの結果でした。(畳床のヘタリが少ない。)
●たわみ試験(JIS A 5901 8.7 参考)
載貨3時間後のたわみ量は1.57ミリで、JIS A 5901-5.3わら畳床特級品相当。
●局部圧縮試験(JIS A 5901 8.8 参考)
局部圧縮量最大値は3.74ミリでJIS A 5901-5.3わら畳床相当)

 

【心地良さに関する試験】

●断熱性能試験(JIS A 1420)
わら畳床とほぼ同様の断熱性能でした。
●吸放湿度性能試験(ひのきウッドウール JIS A 1470-1)
周辺環境湿度が高いときは湿気を吸収し、低いときは湿気放出を行います。


 

足心地の良さに関する試験 ― ①

畳床試験 柔らかさの比較試験

足心地の良さに関する試験 ― ②

ひのき畳床 圧力分布測定

耐久性に関する試験 ― ①

ひのき畳床 繰返し荷重試験

耐久性に関する試験 ― ②

畳床のたわみ試験

耐久性に関する試験 ― ③

畳床 局部圧縮試験

心地よさに関する試験 ― ①

畳床 断熱性能試験

心地よさに関する試験 ― ②

ひのきウッドウールの吸放湿度性能試験