畳のサイズ|畳は一枚一枚サイズが異なります

畳のサイズ計測

地域による畳サイズの違い

京間(本間)や江戸間(五八)等の言葉を聞かれたことがあるかもしれません。これは、地域による畳の大きさの違いです。

京間(本間)の基準サイズは95.5x191.0m
江戸間(五八)の基準サイズは、88.0x176.0cm
この他に中京間や団地間と呼ばれるサイズがあります。

アンサンブルでは、京間畳用の畳床、江戸間畳用の畳床の両方を製造出荷していますが、西日本は京間(本間)の使用が多く、東日本は江戸間(五八)用の畳床の出荷の割合が多いです。 東海地域などでは中京間が使われています。 

江戸間と京間

京間(本間)の基準サイズは95.5x191.0m
江戸間(五八)の基準サイズは、88.0x176.0cm

実際のサイズ

実際に部屋に敷き込まれる際には、これら京間や江戸間の基準サイズ通りの畳はあまりなく、部屋の大きさに合わせて微調整を行います。

例えば江戸間の基準サイズよりも少し小さい85×175cmの仕上がりであったりという事が多くあります。 写真に記されている“+”や“-”は、実際に敷き込まれる畳が江戸間の基準サイズよりも大きい場合は“+”、基準サイズより小さい場合は“-”となっています。 ちなみに単位は寸です。

畳の図面

畳は一枚一枚サイズが違うのです

例えば6畳間であれば、6枚それぞれの畳は実はサイズが一枚一枚異なります。6枚同じサイズのものを敷き込んでいる様に見えますが、一枚一枚それぞれの畳が敷かれる位置に適したサイズに裁断され、その部屋の指定の位置に敷き込まれます。下の写真は畳が敷き込まれる様子ですが、畳床の裏面にはその畳床が敷き込まれる場所が記しされています。

畳の指定位置に合わせたサイズ

畳床は畳のよりもサイズが大きいです

畳のサイズは部屋の大きさによって調整されますので、私たちが製造する畳床は、京間や江戸間よりも大きく作る必要があります。そうして地域の畳店でサイズを合わせ裁断して、畳表を付けます。

畳床のサイズ

江戸間の基準サイズは、88x176m
江戸間用の畳床サイズは、92x185cm